中小の企業のために共生共創のインターネット環境を実現します。

Windows Live Mail

Outlook Express 6 形式ファイルのインポート

  • 1.先にコピーしておいたOutlook Expressのメッセージデータを任意の場所にコピーします。
  • 2.Windows Liveメールを起動して、メニューから「メッセージのインポート」を選択します。

    メッセージのインポート

  • 3.続いて表示される画面で、インポートするメール・メッセージの形式に[Microsoft Outlook Express 6]を選択して、「次へ」をクリックします。

    Outlook Express データ インポート

  • 4.続いて表示される画面で、メール・メッセージの保存場所を指定します。
    ここで「参照」をクリックして、「1」でコピーしておいたメッセージ・データのあるフォルダを指定します。

    インポートデータ 保存場所

  • 5.続いて表示される画面で、インポートする対象を指定します。
  • 6.「次へ」をクリックするとインポートを開始します。

    インポート 対象 選択

  • 7.「完了」をクリックします。

    インポート 完了

Outlook ExpressからWindows Liveメールへの移行

1. Outlook Expressからデータのエクスポート

メッセージデータのバックアップ

  • Outlook Expressを起動し、[ツール]メニューから「オプション」を選択します。

    Outlook Express ツール オプション

  • 表示された画面の[メンテナンス]タブの「保存フォルダ」を選択します。

    オプション メンテナンス

  • 表示された[保存内容]を確認します。

    保存場所

    デフォルトの保存場所:「%SystemDrive%\Documents and Settings\<ユーザー名>\Local Settings\Application Data\Identities\{GUID}\Microsoft\Outlook Express」
    <ユーザー名>にはユーザーの名前が、{GUID}にはそのユーザーを識別するグローバル一意識別子(GUID:Globally Unique Identifier)が入ります。

  • 上記フォルダの内容をそのままコピーします。

    バックアップ ファイル コピー

    ※但し、[Local Settings]フォルダは隠し属性が設定されています。
    隠しファイルを表示するにはエクスプローラーの「ツール」→「フォルダオプション」を選択します。

    ツール フォルダオプション

    表示されたフォルダオプションで「表示」タブの「ファイルとフォルダの表示」下の「すべてのファイルとフォルダを表示する」を選択します。

    隠しファイルを表示する

アドレス帳のバックアップ

  • 下記フォルダの中にある拡張子「*.wab」を持つファイルをコピーします。
    デフォルトの保存場所:「%SystemDrive%\Documents and Settings\<ユーザー名>\Application Data\Microsoft\Address Book」
    [Local Settings]フォルダと同様に[Application Data]フォルダにも隠し属性が設定されています。

    アドレス帳

アカウント設定のバックアップ

  • [ツール]メニューから「アカウント」を選択します。

    ツール アカウント

  • 表示された[インターネット アカウント]画面で、エクスポートしたいアカウント設定を選択し、「エクスポート」をクリックします。

    インターネット アカウント エクスポート

  • 続いて表示される画面で、保存先のパスとファイル名を指定して「保存」をクリックします。
    ※出力されるファイルの拡張子は「*.iaf」となります。

    iafファイル 保存

2. Windows Liveメールの入手とセットアップ

3. データの移行

(1) メッセージデータのインポート

  • 先にコピーしておいたOutlook Expressのメッセージデータを任意の場所にコピーします。
  • Windows Liveメールを起動して、メニューから「メッセージのインポート」を選択します。

    メッセージのインポート

  • 続いて表示される画面で、インポートするメール・メッセージの形式に[Microsoft Outlook Express 6]を選択して、「次へ」をクリックします。

    Outlook Express データ インポート

  • 続いて表示される画面で、メール・メッセージの保存場所を指定します。
    ここで「参照」をクリックして、「1」でコピーしておいたメッセージ・データのあるフォルダを指定します。

    インポートデータ 保存場所

  • 続いて表示される画面で、インポートする対象を指定します。
  • 「次へ」をクリックするとインポートを開始します。

    インポート 対象 選択

  • 「完了」をクリックします。

    インポート 完了

(2) アドレス帳のインポート

  • 左下にあるリストから「アドレス帳」を選択します。

    アドレス帳 選択

  • 「インポート」→「Windowsアドレス帳(WAB)」を選択します。

    アドレス帳 インポート

  • 続いて表示される画面で、[アドレス帳のバックアップ]でコピーしておいた「*.wab」ファイルを指定して「開く」をクリックします。

    アドレス帳 指定

(3) アカウント設定のインポート

  • メニューから「オプション」→「電子メール アカウント」を選択します。

    電子メール アカウント 選択

  • 表示された[アカウント]画面で、「インポート」をクリックします。

    アカウント インポート

  • 続いて表示される画面で、保存しておいた「*.iaf」ファイルを指定して「開く」をクリックします。

    iafファイル 指定

[spam]のついたメールを振り分ける方法

1. Windows Liveメールを起動し、[フォルダ]タブの「メッセージルール」をクリックします。

[spam]のついたメールを振り分ける方法1

[ルール] 画面が表示される場合は、「新規作成」ボタンをクリックします。

[spam]のついたメールを振り分ける方法2

2. [新規のメール ルール]の画面が表示されたら、以下のように設定します。

[spam]のついたメールを振り分ける方法3

1つ以上の条件を選択してください:「件名に指定した文字列が含まれる場合」にチェックする
1つ以上のアクションを選択してください:「指定のフォルダに移動する」にチェックする

設定できたら、「この説明を編集するには、下線付きの単語をクリックしてください」「指定した文字列が含まれる」をクリックします。

3. [単語の入力]の画面が表示されたら、[spam] と入力してから、「追加」をクリックしてください。

[spam]のついたメールを振り分ける方法4

設定できたら、「追加」ボタンをクリックします。
[単語]欄に[spam]の文字列が追加されたことを確認し、「OK」ボタンをクリックします。

[spam]のついたメールを振り分ける方法5

4. [新規のメールルール]の画面に戻ったら、「この説明を編集するには、下線付きの単語をクリックしてください」「指定のフォルダー」をクリックします。

[spam]のついたメールを振り分ける方法6

5. [移動]の画面が表示されたら、「迷惑メール」を選択して、「OK」ボタンをクリックします。

[spam]のついたメールを振り分ける方法7

6. [新規のメールルール]の画面に戻ったら、以下のように設定します。

[spam]のついたメールを振り分ける方法8

このルールの名前を入力してください:任意で設定
※自動的に[新規電子メール ルール#1]という名前がつけられます。変更しても問題ありません。
設定できたら、「ルールの保存」ボタンをクリックします。

7. [ルール]の画面に戻ったら、「OK」ボタンをクリックします。

[spam]のついたメールを振り分ける方法9

これで、Windows Live メールの設定は完了です。
Windows Liveメールで定期的に[迷惑メール]フォルダを参照して、メールが正しく振り分けられているか確認してください。

Windows 8でメール アカウントを設定する方法/h3>

1. Windows 8でWindows Live メールを設定するには、以下の操作手順を行ってください。

  • Windows Live メールをインストール後、スタート画面上で右クリックします。
  • 画面下部にアプリ バーが表示されます。

    「すべてのアプリ」をクリックします。

    Windows8 メール アカウントを設定方法1

  • アプリ画面が表示されます。

    「Windows Live Mail」をクリックします。

    Windows8 メール アカウントを設定方法2

  • Windows Live メールが表示されます。

    [アカウント]タブの「電子メール」をクリックします。

    Windows8 メール アカウントを設定方法3

  • 電子メール アカウント入力画面が表示されます。

    登録するPOPアカウントの「電子メールアドレス」「パスワード」、送信するメールの差出人として表示する名前を「表示名」に入力します。
    「次へ」をクリックします。

    Windows8 メール アカウントを設定方法4

  • サーバー設定の入力画面が表示されます。

    登録するPOPアカウントの情報を下記のように入力します。

    Windows8 メール アカウントを設定方法5

    「次へ」をクリックします。

    • 受信サーバー情報
    • サーバーの種類
    • 「POP」を選択します。
    • サーバーのアドレス
    • ms***@kagoya.net
    • ポート
    • 110
    • セキュリティで保護された接続(SSL)が必要
    • チェックを入れません
    • 次を使用して認証する
    • 「クリア テキスト」を選択
    • ログオン ユーザー名
    • メールアカウント名 (例) iec@iec.ne.jp (フルメールアドレスと同じです)
    • 送信サーバー情報
    • サーバーのアドレス
    • ms***@kagoya.net
    • ポート
    • 587
    • セキュリティで保護された接続(SSL)が必要
    • チェックを入れません
    • 認証が必要
    • チェックを入れます
  • アカウント追加完了の画面が表示されます。

    「完了」をクリックします。

    Windows8 メール アカウントを設定方法6

  • アカウントが追加されているのを確認します。

    Windows8 メール アカウントを設定方法7

2. 複数のデバイス(PC,iPad等)で同じメールアドレスを受信する場合は、以下の操作手順を行ってください。

※同じメールアドレスを複数台の端末で受信いただく場合はサーバーにメールのコピーを置く必要があります。

※コピーを置く設定にする場合は、サーバー容量が不足しないように一定期間経過したものは[サーバーから削除]するよう設定することをお勧めいたします。

  • 作成したアカウントを選択し、「プロパティ」をクリックします。

    Windows8 メール アカウントを設定方法8

  • [プロパティ]が開いたら、[詳細設定]タブを開きます。

    Windows8 メール アカウントを設定方法9

    次の項目を入力します。

    • サーバーのタイムアウト
    • 任意

      ※通信速度が遅い環境や、大きなメールを受信する際にエラーとなる場合には、長めに設定します。

    • サーバーにメッセージのコピーを置く
    • 任意

      ※同じメールアドレスを複数台の端末で受信いただく場合はコピーを置く必要があります。

      ※コピーを置く設定にする場合は、サーバー容量が不足しないように一定期間経過したものは[サーバーから削除]するよう設定することをお勧めいたします。

    入力内容を確認し、「OK」をクリックして、プロパティを閉じます。

お気軽にお問い合わせください TEL 06-6782-5125 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社アズマ iec事業部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.